FACEBOOK  
お問合せ  
  
 
TOP イベント情報 取扱店 ネットショップ 開発ストーリー

商品詳細
高い再現性と多彩なオプションで魅了する
初代ロードスター用B6-ZE型エンジンが登場

 
EUNOS ROADSTER
B6-ZE

 1960年代のイギリスを発祥とし、軽量なボディを意のままに操る楽しさで人気を博したライトウエイトスポーツカー。安全基準や排ガス規制の強化により1980年代前半にはほぼ姿を消してしまったその絶滅危惧種を現代の技術で蘇らせ、再び世界中でブームを巻き起こすきっかけとなったクルマがユーノス・ロードスター(NA6CE)です。
 新たにラインアップに加わるのはその心臓部であるB6-ZE型エンジンです。一般大衆車であるファミリアからの流用ですが、存分に走ることを楽しめるように圧縮比を下げ、レギュラーガソリン仕様に変更。複雑な可変吸気システムを排除するなどコスト低減にも考慮していました。ただし、オーバーラップを20度確保し、バルブリフト量も7.8oに設定。軽量かつ抜けを重視したステンレス製マニホールドなど単に流用するだけではなく、スポーツカーに相応しいフィーリングも追い求めました。また、専用カムカバーを採用し、特別感を演出するなど、オーナーの気持ちに訴えかけるエンジンに仕上がっています。
 実はB6-ZEの企画が立ち上がったのは2019年で、マツダの三好試験場で開催されたロードスター30周年記念イベントにひっそりとパーツを展示していました。正直に書けばロードスターの魅力はエンジンが一番ではありませんから、「納得して手に取っていただくにはどうしたらいいか!?」にかなり悩んだのは確かです。そのためメーカーや関係者はもちろん、オーナー&ファンの方々にリサーチを行い、時間をかけて理想を模索してきました。
 商品は実機をスキャンした上で3Dプリンターを使って原型を出力し、部品をシリコン型でキャストしハンドメイド塗装/手組みによるフィニッシュは共通ですが、質感をより本物に近づけるためにカムカバーに金属(ホワイトメタル)を採用。さらにバフ掛け仕様を基本に、シルバー塗装の変更や台座プレートに車体ナンバーやオーナーの名入れ、パワステポンプレス仕様変更(無料)、更に赤と黒の結晶塗装やオーナー向けの専用オーナメント製作(有償)など好みに応じたさまざまなオプションも用意したのも特徴です。  こだわりの強いロードスターオーナーに寄り添うことを目指して商品化したB6-ZE型エンジンモデル。手に取っていただければその思いを感じていただけると思います。

初回生産ロット 25台 納期2022年12月末から順次

■ マツダライセンス商品
■ 本体材質 レジン樹脂、アクリル、真鍮、ホワイトメタル
■ 台座&アクリルケース:幅210o×奥行き150o×高さ(ケース高)170o
■ 付属品:ウォールナット高級台座、日本製高級アクリルケース


¥ 50,000〜(税抜)
<< ¥ 55,000〜(税込) >>



TOPページヘ



HOME  | 会社概要  | お問い合わせ  | 訪問販売法の表記について  | 個人情報の取り扱いについて |   
Copyright Kusaka Engineering Co.,LTD. All rights Reserved.